営業時間 : 10:00〜19:00
定休日:日曜・祝日

皮下組織掻爬法 – 皮下組織掻爬法のデメリットとリスク

皮下組織掻爬(そうは)法とは

皮下組織掻爬(そうは)法とは、皮膚を切開することによる傷跡や術後のダウンタイムの長さを考慮し開発された手術法です。

脇の下に小さな切れ込みを入れ、その穴からキューレットを刺し込み、汗腺類(アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺などの皮下組織)を掻き取ります。

自由診療のワキガ手術になります。

皮下組織掻爬法の仕組み

皮下組織掻爬法は脇の下の皮膚を小さく切開し、そこからキューレットと呼ばれる先端がスプーン状になった医療器具を差し込んで皮膚の裏側を引っ掻くようにしてワキガの原因であるアポクリン腺や多汗症の原因であるエクリン腺、皮脂腺などの皮下組織を取り除いていきます。

そうすることでワキガの原因を根本から取り除き、また、脇の下を大きく切開することなく手術ができるため、術後の傷跡をほとんど残さないといった仕組みの手術方法です。

皮下組織掻爬法の施術方法

皮下組織掻爬法の施術方法

脇の下に2〜3センチ程度の小さな切り込みを入れ、その穴にスプーン状の医療器具「キューレット」を差し込みます。

キューレットを差し込んだら、皮膚の裏側をキューレットで削りながら汗腺を掻き出していきます。

器具をまんべんなく動かし、汗腺類を掻き出したら縫合します。

 

 

皮下組織掻爬法のメリット

皮下組織掻爬法は皮膚を大きく切開しないので、手術痕が小さく、目立つ傷跡が残らないのが最大のメリットです。

皮下組織掻爬法のデメリット・主なリスク・副作用

皮下組織掻爬法は、切開した小さな穴から手探りで汗腺類を掻き取るため、汗腺だけでなく汗腺周辺の皮下組織を傷つける可能性が高く、また、アポクリン腺を完全に取り除くことが難しいため再発のリスクが高いのが大きなデメリットです。

汗腺周辺の皮下組織を傷つけないよう、優しくすると汗腺類が十分に取れず、汗腺類を十分に取ろうとすると周辺組織を傷つけ内出血を起こします。

そのため、皮下組織掻爬法は医師の技量が高くないと行えない、非常に難しい手術といえます。

術後の皮膚の癒着も悪く、回復までに時間を要します。

術後は絶対安静となっており、しばらくは脇を閉めた状態でガーゼを貼り付けて固定した状態(圧迫固定)になり、1週間は腕をあげたり、重いものを持ち上げたりする動作はできません。

最低1週間~2週間ほどダウンタイムが必要であり、手術後約1週間ほどで抜糸となります。

手術当日はシャワー・入浴が出来ません。

翌日からは、脇を濡らさないようにすればシャワーは可能になりますが、入浴は1週間ほどはできなくなります。

日常生活に支障をきたすため、学校や仕事のお休みをうまく取り入れないと難しい手術となります。

リスクの高いワキガ手術といえるでしょう。