営業時間 : 10:00〜19:00
定休日:日曜・祝日

わきがに急になることはある?わきがと生活習慣の関係性

    急にワキガになることはありません

    わきがの原因であるアポクリン腺の数は生まれつき決まっているため、体質が変わり突然わきがになるということはありません。

    しかし、「これまでは大丈夫だったのに、最近急にわきがの臭いが気になり出した」というご相談をよくいただきます。

    何故、突然わきがの臭いがしてきたのか。

    それは、あなたの生活習慣が原因となっている可能性があります。

    突然のわきが発症は生活習慣が原因!?

    「最近わきがが気になりだした」という場合は、これまでもアポクリン腺が多く存在していたものの(元からわきが体質だったものの)アポクリン腺の活動が活発的ではなかったため、わきが臭を感じなかったが、生活習慣が原因でアポクリン腺を活発化させてしまった可能性があります。

    また、元々わきがだった方も、生活習慣が原因で本来より強い臭いを発していた可能性もあります。

    生活習慣を改善することで臭いを軽減させることができますので、是非生活習慣を見直しましょう。

    見直すべき生活習慣1:食生活

    見直すべき生活習慣1:食生活
    わきがのみならず体臭が強い方も、まず見直した方が良いのは食事です。

    日本人のわきがは増加傾向にあります。

    これは、日本人の食事が欧米化したことが原因ではないかと言われています。

    国民の90%以上がワキガと言われる欧米では、ピザ、パスタ、肉などが主食です。

    動物性たんぱく質である、肉、チーズ、乳製品や、臭いの強いカレー、たまねぎ、にんにく、ニラなどを好んで食べる人はワキガ臭が強い傾向にあります。

    これらの食事はアポクリン腺や皮脂腺を刺激するために、臭いがより強くなってしまいます。

    わきがを改善するには、野菜や魚を食事に取り入れることが大切です。

    お肉を魚に変えたり、バランスの良い食事を心がけてみてください。

    お肉も全く摂取していけないわけではありません。

    お肉を食べる場合は同じくらい野菜を食べたり、脂身を残したりと工夫するようにしましょう。

    見直すべき生活習慣2:お風呂はシャワーだけ

    見直すべき生活習慣2:お風呂はシャワーだけ
    お風呂タイムはシャワーで済ませるという方が非常に多いです。

    忙しい現代社会ではしょうがないことかもしれませんが、実はこれが臭いを強くする原因でもあります。

    毛穴には汚れや古い皮脂が溜まります。

    毛穴を開いて汚れなどを取り除いてあげないとドンドン蓄積して臭いを放ってしまうのですが、毛穴が開くときは温かいときだけなのです。

    シャワーだけでは十分に毛穴を開くことができません。

    お風呂のお湯につかり、体を温めることで毛穴が開き、汚れを取り除くことができます。

    見直すべき生活習慣3:ストレス

    ストレスはわきが臭を強める原因です。

    緊張や恥ずかしさの様に一気に体温を上げる精神的ストレスも、嫌なことが長く続いて疲労するような精神的ストレスも、アポクリン腺を刺激し活発化させてしまいます。

    ストレスを発散するよう心がけることが大切です。

    見直すべき生活習慣4:便秘

    女性の2人に1人は便秘だと言われていますが、この便秘が臭いを強くします。

    お腹の中の便は、溜まると血液中に臭いが流れてしまうので、脇臭や口臭が現れるのです。

    また、汗の臭いも強くなる傾向にあります。

    腸内環境を整えることが脇臭改善に大きく繋がることもあるのです。

    食物繊維などをバランスよく食事に加えていきましょう。

    見直すべき生活習慣5:活性酸素

    見直すべき生活習慣5:活性酸素
    活性酸素は体内の細胞を酸化させ、ワキガ臭や加齢臭、老化の原因となります。

    活性酸素は

    「紫外線」

    「喫煙」

    「不規則な生活」

    「過度な飲酒」

    などで起こります。

    活性酸素を防いで体の酸化を防ぐことは、ワキガ臭だけではなく健康的サポートとしてもとても良いのです。

    見直すべき生活習慣6:喫煙・飲酒

    見直すべき生活習慣6:喫煙・飲酒
    煙草やお酒はわきが臭を悪化させます。

    わきが臭と煙草の臭いやお酒の臭いが混ざって嫌な臭いがすると誤解されがちですが、煙草とお酒がワキガに影響を与える原因はそれだけではありません。

    煙草の場合は、交感神経を刺激して緊張や不安をあおるために、精神的な発汗を促進させてわきが臭を強くします。

    また、お酒に含まれるアルコールは、体温を急激に上げることで、汗を臭くさせてしまうのです。

    わきがの臭いを軽減するために禁煙・禁酒を心がけましょう。

    見直すべき生活習慣7:運動不足

    わきが体質の人の中には汗をかくとわきが臭がするので、汗をかくのが怖いという人がいます。

    しかし、汗を恐れて運動をしていないと汗腺が弱まってしまい、汗をかいたときに古い皮脂や汚れが一緒に出て臭いがより強くなってしまうのです。

    また、汗腺を使わないと、体の離れた場所から休眠期に入ってしまいます。

    そうすると、休眠期に入っていない毛穴から汗をかくことになるので、脇からたくさんの汗が排出されてわきが臭と合わさり、臭いを助長してしまうことになります。

    わきが体質なのにわきが臭があまりしない人は、運動を定期的にして汗腺が鍛えられている人であると言えるのです。

    また、肥満の方は体温を下げようと汗を多くかく傾向にあります。

    その結果汗から嫌な臭いがしてしまうのです。

    隠れ肥満の方も同様ですのでご自身のBMIを測り、無理のない程度のダイエットを心がけましょう。

    週に1回でも良いので是非、適度に運動をする習慣を持ちましょう。